メインヴィジュアル

ランゲージセンター概要

立教大学ランゲージセンター(LC)は、全学共通科目(全カリ)の言語教育科目担当の教育講師の所属組織で、本学池袋キャンパスの6号館3階に居を構えています。担当言語は英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語の6言語(2016年度までは日本語を含む7言語)に上り、様々な地域のバックグランドを持つ43名の教育講師が在籍しています。教育講師間の担当言語の壁を越えての交流も活発で、お互いの文化的背景や考え方などを理解しあい、日常的な異文化理解の現場にもなっています。

LCは1997年、全学共通カリキュラム(全カリ)の発足と同時に設置されました。全カリの理念にもとづく全学統一の言語カリキュラムを展開していくために、学部からの教員で構成する言語教育研究室が作られ、各言語の必修科目、自由選択科目などを一新しました。同時に、言語科目を専門に担当する「嘱託講師」というポジションも作られました。その嘱託講師の所属先としてできたのがLCです。当時は嘱託講師のような制度をもつ日本の大学はほとんどなく、立教大学の新しい言語教育のシステムは先駆的なものでした。嘱託講師は、その後名称変更で教育講師となりました。

教育講師は言語科目の様々な授業を担当し、同時に各言語教育研究室と連携し、テキストや教材の開発、統一テストの作成など、多くの場面で言語カリキュラムの開発や運営に寄与し、立教大学の言語教育の核となっています。一方、それぞれの教育講師が自分の専門の分野で学会発表や論文執筆など活発な研究活動も行っており、研究に裏付けられたカリキュラムや教材の開発、効果的な言語教育の工夫といった取り組みもなされています。LCの紀要も年2回の発行を続けており、教育講師の研究成果の発表の場のひとつとなっています。

真にグローバルな環境であるLCでは、異なる背景や考え方を持つ教育講師が協力しあい、立教大学のより良い言語教育カリキュラムを創出し提供するための努力を続けています。

ランゲージセンター長

The Language Center (LC) was established in 1997 in accordance with the creation of the Center for the University-wide Curriculum (Zenkari). At this time, Zenkari developed a unique university-wide General Curriculum consisting of a diverse range of General Education Courses, as well as a suite of mandatory and optional Language Courses. Seven language programs composed of tenured faculty members were set up under Zenkari to create and implement classes with unified aims, methods, and evaluation standards for each language. The Language Center became the home of the Adjunct Lecturers who would be mainly responsible for teaching these classes, as well as collaborating with the language programs on curriculum development. The position, Adjunct Lecturer, was new to Japanese universities at that time.

Located on the 3rd floor of Building Six at Ikebukuro Campus, the Language Center currently houses 43 Adjunct Lecturers of English, German, French, Spanish, Chinese, and Korean. Including the LC Office, which conducts its administrative operations both in Japanese and English, the Language Center is a place where individuals work together transcending their own linguistic and cultural boundaries for mutual understanding.

The Adjunct Lecturers continually draw on their own individual classroom experiences and utilize their talents for curriculum, materials, and test design, which ultimately works to contribute to the ongoing improvement of language education at the university. At the same time, each Adjunct Lecturer has a specific research agenda, and is active in giving academic presentations and publishing academic papers, including in the LC Journal (published bi-annually). This research also feeds into the loop which ensures that language education at Rikkyo University is constantly developing.

At the Language Center, we utilise our diverse backgrounds in a truly global environment to create a unique synergy which contributes to the ongoing development of language education at Rikkyo University.

Language Center Director