メインヴィジュアル

各言語紹介

中国語 / 中文

ランゲージセンター中国語研究室紹介

宏村(こうそん、 Hongcun)は中国安徽省南部黄山南西にある村。2000年に世界遺産に登録された。明清代の歴史建築が数多く残る村落で、家々をめぐる水路が完全な姿で残っている。「牛」の形に例えられる村の配置は徽州の村落の典型的な代表例である。
(出典:http://ja.m.wikipedia.org/wiki/宏村

中国語を学ぼうという皆さんは、中国についてどんなイメージを持っているでしょうか。隣国の、日本の26倍もの広さを持つ中華人民共和国は、13億以上の世界一の人口を誇り、近年ではGDPでも世界第二位の経済大国となりました。2008年の北京オリンピックや2010年の上海万博を記憶している人もいるでしょう。躍進する大国のイメージの一方で、ここ数年報道されるような環境問題や政治問題、そして日本との関係悪化など様々な問題を抱えています。こうした状況の中で中国語を学ぶことは、今後の私たちの関係を改善し、相互理解を深めるためにもとても重要な選択と言えるでしょう。

中国の行政区分を見てみましょう。中国は22省と台湾、5つの自治区(新疆ウイグル自治区、寧夏回族自治区、内モンゴル自治区、チベット自治区、広西チワン族自治区)と北京、天津、上海、重慶の4直轄市、それに香港、マカオの特別行政区を含んでいます。これだけ広大な地区には、総人口の92%を占める漢民族と55の少数民族が存在しており、当然言葉の面でも方言が存在します。私たちが学ぶ中国語とは、方言ではなく共通語としての「普通話」が中心となります。

「普通話」を身に着けるには、発音と文法の両方の習得が必要です。中国語の発音の特徴の一つに、「声調」という音の高低があります。「普通話」では第一声から第四声までの4つの高低があり、これを「四声」と呼びます。また「普通話」の発音をアルファベットで表記したものが「ピンイン」です。中国語の漢字は基本的に一字が一音節となっていて、音節は「ピンイン」で表記します。中国語の発音ではまず、この「四声」と「ピンイン」を覚えることから始まります。

中国語の漢字ですが、「普通話」で使用する漢字は日本語の漢字とは異なります。簡略化された「簡体字」を使用するのです。(香港や台湾などの地域では日本の旧字体にあたる「繁体字」を現在でも使用しています。)中国語を学ぶには簡体字も覚えなくてはなりません。

中国語は漢字だから、日本語に近いと思っていても、実際には意味が異なる場合が多くあります。「信」「机」など、日本にある漢字が中国語では意味するものが変わってきます。反対に、日本語がそのまま中国語として使用されるようになった「人気」や「超」などという言葉もあり、言葉の面でも私たちは相互に影響を受けています。中国語を学ぶことで、こうした違いに気付いたり、言葉の背景にある中国人の考え方を知ることができるのです。

中国語という共通の言語を持つことで、私たちは対話し、お互いを理解することが可能となります。言葉を手に入れることは、新しい世界に一歩踏み出すのと同じことです。私たち中国語研究室のメンバーが、皆さんが最初の一歩を踏み出すための助けとなれることを願っています。

语言中心汉语研究室介绍

  打算学汉语的同学们:大家对中国有什么样的印象呢?中华人民共和国的国土面积是邻国日本的26倍,人口超过13亿,居世界第一位,近年来发展为国民生产总值(GDP)位居世界第二的经济大国。2008年的北京奥林匹克运动会和2010年的上海世界博览会还令人记忆犹新。在一跃成为世界大国的另一方面,中国也面临着最近几年被媒体报道的环境问题、政治问题以及中日关系恶化等各种各样的问题。在这样的情况下学习汉语,对于今后中日关系的改善和加深互相理解也是重要的选择。

  我们来看看中国的行政区划吧。中国包括22个省和台湾省,5个自治区(新疆维吾尔自治区、宁夏回族自治区、内蒙古自治区、 西藏自治区、广西壮族自治区),4个直辖市(北京市、天津市、上海市、重庆市),还有2个特别行政区(香港特别行政区、澳门特别行政区)。在如此广阔的区域内生活着约占总人口总数的92%的汉族和55个少数民族,在语言方面也存在很多方言。我们学习的汉语不是方言,而主要是作为通用语言的“普通话”。

  要想学好“普通话”,需要掌握发音和语法。汉语发音的特征之一是有区别声音高低升降的“声调”。“普通话”有从第一声到第四声的四种变化,叫做“四声”。“普通话”的发音用称为“拼音”的拉丁字母表示。汉语基本上是一个汉字一个音节,音节用“拼音”标记。学习汉语发音首先从识记“四声”和“拼音”开始。

  关于汉语的汉字,“普通话”使用的汉字与日语汉字不同,是经过简化的“简体字”。(香港、台湾等地区现在还使用相当于日语旧字体的“繁体字”。)学习汉语必须记住简体字。有人以为既然汉语使用汉字,应该与日语相近,但是实际上有不少同一个汉字在汉语和日语中意思完全不同的情况。比如“信”、“机”等日语的汉字在汉语中具有不同的意思。与此相反,有些日语词汇如“人气”、“超”等被照搬到汉语中使用。这说明在语言方面中日两国之间也是互相影响的。通过学习汉语,不仅可以认识到这些差异,还能够由此了解在语言背后的中国人的思考方式。

  通过汉语这一共通的语言,我们才有可能进行对话和相互理解。掌握一门语言,就如同向新的世界迈进了一步。我们汉语研究室全体成员希望能帮助大家迈出这最初的一步。